介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします

遺産相続トラブルにはどのような事例があるのか?

ただでなくても遺産相続には何らかのトラブルが発生しやすいものです。そこにさらにもめごとが起きやすい要因が重なれば、長期にわたってこじれてしまうこともめずらしくありません。いくつかのケースを事例について紹介したいと思います。

■不動産や土地は何かとトラブルの元

AS_88845866遺産の中でも貯金や株式のようにハッキリとした金額がわかっているものならば、数字で平等に分割することも可能です。しかし、不動産や土地のように分けるに分けられず、価値も相場によって変動しやすい遺産というのは何かともめごとを起こしやすいものです。

もちろん、不動産や土地を分割できないわけではありません。一度売却してお金にしてから分割する、あるいは相続人全員で共有する「共有分割」という方法をとることもできます。しかし、たとえば不動産に相続人のうちのひとりが住んでいる場合もありますし、全員が納得できる結論に至るまでにはどうしても時間がかかりがちです。

■分割の方法でもめごとをおこすケース

遺産相続は配偶者が半分、残りを子どもたち全員で平等に分けるようにと一応法律では定められています。しかし、必ず等配分しなければいけないという強制力はなく、もし相続人全員の合意が得られるならば、誰かひとりが余計に相続することもできます。自由度があるのはいいことかもしれませんが、自由ゆえにどう分割するかでもめることも少なくありません。

たとえば、子どものうちのひとりだけが介護を担当していたとしましょう。「ひとりで介護をしていた」というだけでは法的には余計に相続できる根拠にはできません。しかし、心情的には何もしなかった兄弟姉妹と同額では納得できないということも多々あるでしょう。また、介護をできなかった側にもそれぞれの事情があり「したくてもできなかった」ことを主張された場合、どこで折り合いをつけるかは非常に難しくなってきます。

なかでも問題なのが、嫁が介護を一手に引き受けていた場合です。どんなに介護に心血を注いだとしても嫁という立場では相続権は一切ありません。もし、嫁に介護を負担させているのであれば被相続人は嫁にも相続させる旨を遺言書などではっきりと残しておくことをおすすめします。

■思わぬ人から遺産相続を求められることもある

AS_95522299兄弟姉妹だけでも相続に関するトラブルは起きがちなのに、そこに思わぬ人物がからんでくるケースもあります。たとえば、じつは被相続人に内縁関係の人がいたというような事態は何かと泥沼化しがちです。内縁関係であっても場合によっては相続権を得ることができるのです。また、そういった愛人関係ではなく、介護施設でお世話になったので純粋にお礼をしたいというようなこともあるかもしれません。それも数十万円単位であれば遺族も納得できるでしょうが、遺産の半分をなどと遺書にあれば家族に驚くなという方が無理というものです。

■生前の話し合いが何よりも大事

以上のように遺産相続をめぐるトラブルにはさまざまなものがあります。法的分割でスッキリ行きそうもないことが見込まれるならば遺書を書くというのもひとつの方法です。遺書さえあれば額面上はどのような分割もできるでしょう。しかし、相続人の間に深い溝を生んでしまうこともあるので内容に関しては細心の注意を払わなくてはいけません。

やはり、何よりも大事なのは生前からの意思確認です。被相続人、相続人全員で何をどうするのかよく話し合っておくことが大切です。なかなか切り出しにくい話題ではありますが、割り切って話をすすめなければ後々大変な争いに発展してしまうことも少なくありません。生前から遺産分割についてよく話し合っておくことをおすすめします。

Related posts