介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします

老後に必要なお金はズバリどれぐらい?

老後の蓄え、どれぐらいありますか?介護問題が発生しても、子どもの負担にはなりたくないものですが、そのためにはいくらぐらいの貯金があれば良いのでしょうか。自立したシニアライフに必要な資金について考察してみました。

【3,000万円が最低ライン?】
AS_84788060人口数の圧倒的に多い団塊世代が老境にさしかかっていることもあり、日本は加速度的に高齢化への道を進んでいます。介護保険の今後を憂慮する声も多く、今後ますます「自立した老後」を考えなければいけなくなっているといえるでしょう。

自立のためにはまず、資金が必要です。一節によれば最低でも3,000万円は必要といわれています。夫婦ふたりでギリギリの生活をするにも月に24万円はかかるという試算があります。月々24万円を得るには年金分を差し引いても3,000円程度は貯金が必要なのではないかということです。年金が少ない自営業やフリーランスはさらに貯蓄をしておかなくてはいけません。

【自営業者はどう老後に備える?】
自営業者は厚生年金ではなく国民年金への加入になるため、年金の支給額はサラリーマンよりかなり低くなります。たとえば20歳から59歳になるまで40年間保険料を納め続けたとしても年金額は年額約79万円にしかなりません。退職金もないため、60歳で仕事を一切やめてしまうというような選択はできません。

フリーランスの場合、たとえ60歳を過ぎて働くとしても、60歳時点で6,000万円程度の貯金がなければ、余裕のある老後を過ごすことはできないといわれています。20歳からコンスタントに年金を納めている人もじつは多くないようなので、ことによると7,000万円程度は必要といってもけっして大げさな話ではないのです。

【老後に必要なお金の内訳】
AS_74972507老後に備えて、会社員でも3,000万円、自由業ともなれば7,000万円もの貯蓄が必要と聞いて、愕然とした人も少なくないのではないでしょうか。「本当にそんなに必要なの?」と、思った人もいるかもしれません。

しかし、生活費、もしもの場合の介護や治療にかかる金額を合計すると、けっして根拠のない数字ではないのです。しかも、これは最低限の生活をするのに必要な資金です。外食や海外旅行などを楽しみたいのであれば、さらにたくさんの蓄えがなくてはいけません。会社員で5,000万円、自営ならば8,000万円は必要という計算もあります。

【おひとりさまならばどうなるか】
以上は夫婦二人と想定しての試算ですが、もし仮に独身だとしても、最低でも2000万円は必要といわれています。夫婦に比べれば少額かもしれませんが、それでもコツコツと貯金をしていかなければいけない額です。たとえば、個人年金保険などを活用して毎月少しずつでも積み立てていくことが大事です。

【人脈作りも大事】
自立した老後のためには、若い頃から頑張って積極的に貯金いていくようにするのが何よりも大切です。そうとはいっても、結婚して子どもが生まれると、教育費もどうしてもかさみます。その時期はあまり貯金できないかもしれないので、独身時代にいかに貯金をしておくことができるかというのがひとつのカギになるでしょう。

しかし、そうとはいっても若い頃には自己投資も大事です。よりキャリアアップするための投資をしなければ生涯賃金そのものを増やすことはできません。どこを使い、どこを我慢するか、将来を見通したお金の使い方が問われているのです。

……いかがでしたでしょうか。若い頃は老後のことなどとかく他人事のように思ってしまうものです。しかし、人生は思ったよりも短いものです。20代から老後のための貯蓄をスタートしたとしても、けっして遅すぎるということはありません。いつか介護は必要になってもあわてないために、十分な貯蓄をしておくことをおすすめします。

Related posts