介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします

じつはこんなにたくさんある介護の相談窓口

介護の悩み、どうしていますか?誰にも話せず、抱えていませんか?「どこに相談したらいいのかわからない」そう言う声もしばしば耳にします。しかし、じつは介護の相談をできる場所はいくつかあります。どんどん利用したい介護の相談施設を紹介します。

■病院に入院している場合

AS_105569697ある程度の規模の病院ならば医療ソーシャルワーカーがスタッフとして駐在しています。医療ソーシャルワーカーとはおもに病院で社会福祉の立場から患者やその家族の心理的・社会的な問題に乗り、社会復帰へと導くことが仕事です。

容態が安定し退院が決まったら、介護保険の申請、地域の介護予防サービスの利用方法、または他の病院や施設への入所など、さまざまな心配事が新たに発生します。素人では判断つきかねることも多々ありますが、医療ソーシャルワーカーならば専門家の立場から具体的なアドバイスをしてくれるので安心です。

■自宅で介護している場合

自宅介護をしているならば、公共サービスを利用することをおすすめします。市町村の高齢者福祉課、介護保険課、地域包括支援センターなどで相談を受け付けています。おもに介護保険を高齢者福祉課や介護保険課、介護予防やその他については地域包括支援センターが担当しています。

地域包括支援センターとは、全国の市町村に配置されている高齢者の生活全般に関しての相談窓口です。社会福祉士、保健師、ケアマネージャーなどがそれぞれの専門知識に基づいて各種相談に応じています。成年後見制度や高齢者虐待問題など、幅広い相談に対応できることが特徴なので、困った時には足を運んでみることをおすすめします。

■遠距離に住んでいる場合

以上のように市町村はじつは介護相談機能が充実しているのですが、注意しなければいけないのは、介護を受ける人が住んでいる市町村の担当課を利用しなくてはいけないという点です。遠距離の場合は電話、メール等で相談に応じてもらえることもあるので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

■生活に関する困り事について

AS_99667618介護を続けていくうちに、悩み事は多岐にわたるようになります。たとえば「ボランティアをお願いしたいがどこに依頼すればいいのか」といった時には社会福祉協議会を利用できます。社会福祉協議会の中には弁護士による法律相談を行っているところもあります。もし、財産や遺産相続で心配事が発生した場合には足を運んでみるのも良いかもしれません。

介護はどうしても精神的な負担が大きいものです。とくに、一人で自宅介護をしていると、誰にも言えないストレスや悩みを抱えてしまいがちです。ストレス発散をしようにも、外出もままならない日々を過ごしている人も多いでしょう。しかし、心の負担をそのままにしておくのはけっしておすすめできません。じつは保健所では保健師、精神科医師による心の健康に関する相談も受け付けています。事態が深刻になる前に、一度利用してみることをおすすめします。

また、残念なことですが介護業者とトラブルが発生してしまうこともあります。担当医師、担当ケアマネージャーに関する困り事もないとも言えません。介護認定結果に不満を感じることもあるでしょう。そんな時は泣き寝入りせず、国民健康保険団体連合会の介護保険に関する苦情相談窓口に相談してみましょう。

……いかがでしたでしょうか。介護に関する悩み事は、できるだけオープンにしていくことが何よりも大事です。じつは公共サービスとして、さまざまな相談窓口が設けられているので利用しない手はありません。専門家でなければ思いつかない解決策も多いので、一人で悩まずに積極的に活用することを強くおすすめしたいと思います。

Related posts