介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします
介護と法律
  • 相続トラブルが増えています!法定相続人とその順位を学ぼう

    介護への貢献度と遺産相続の関係性 日頃親の介護を行っている人々にとって、遺産に関する問題は年々深刻化してきています。例えば、「最も介護に貢献したにも関わらず遺産がもらえなかった」や「全く介護に携わっていなかったのに多くの遺産をもらってしまった」など、その問題は様々です。 しかし、そもそも介護の貢献度は遺産や ...

  • 介護の代償とは? 嫁による介護と相続問題

    一昔前ならば嫁が介護を一身に引き受けるというケースもめずらしくはなかったでしょう。しかし、じつは嫁には相続権がないことはご存知でしたか。たとえばそれまで積み上げてきたキャリアを捨てて熱心に介護に取り組んだとしても、なんの補償もないのです。「それが家族というものだ」で済ませてよい問題なのでしょうか。 ■仕事を ...

  • 介護者のメンタルヘルスケアの重要性について

    介護保険制度も改正され、本格的な高齢化社会の到来の前に在宅介護を国の方針として推進していこうという流れが見受けられる昨今です。しかし、在宅介護というのはたとえ要介護度が低くても介護者を心身ともに疲弊させるものです。とくに注意したいのがメンタルヘルスケアです。介護者の心の負担を少しでも軽減するにはどうすればよ ...

  • 地域密着型介護老人福祉施設とは

    介護支援事業の取り組み 日本人口の高齢化に伴い介護を必要とする高齢者が増加し続ける中、介護支援を行う事業では高齢者やその家族のために日々新たな取り組みが進められています。中でも、全国の特別養護老人ホームでは介護を必要とする大勢の高齢者を受け入れ、利用者が快適な生活を送れるような介護サービスを提供しています。 ...

  • 高齢者をいたわる目的? 老人福祉法とはどんな法律か

    老人福祉法の内容と適用のされ方 昭和38年、老人福祉法が施行されました。この法律は高齢者の心身の健康や、安定した生活を送れるよう老人福祉を図る目的で作られています。ですが、老人福祉に大きな影響を与える法律はこれだけではありません。後期高齢者医療制度を生み出した、高齢者の医療の確保に関する法律と介護保険法がそ ...

  • わずかな遺産でもめることも。遺産争いはセレブだけではない

    遺産相続というとセレブの間だけの問題のように思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。じつは、ほんのわずかの遺産をめぐって骨肉の争いを展開している兄弟もけっしてめずらしくはありません。遺産相続に関するいさかいというのはけっして遠い世界の他人事ではないのです。 ■少ない財産でも争いは起きる 遺産相続にあ ...

  • 公的介護保険制度の仕組みと不服申し立ての対応

    本格的な高齢化社会の到来により、介護に対する不安を抱える人が増加しています。介護をしている人はその先行きに関して、これから介護の可能性がある人も何をどうしたら良いのかという漠然とした不安は少なくないようです。東京大学社会科学研究所の調査では、なかでも「公的介護保険制度の仕組みがわからない」という悩みが突出し ...

  • 無駄な争いは嫌ですよね・・・知っておきたい『遺言書』の知識

    介護をした人が報われるわけではない 高齢化の進む日本では、若い世代の人々が両親の介護を行う光景が当たり前となってきました。誰しも、必ずいつかは歳を重ねて介護を必要とする時が訪れます。最期を迎えるその時まで妻や夫、子どもたちに支えられながら生活を送っていきますが最期を迎えた時残された人々には相続に関する大きな ...

  • 父の相続問題|母が認知症の場合どうするの?

    相続人は状況によって変化しない 誰しも歳を重ねるごとに自分の将来や、両親の今後について考える機会があります。今は元気な姿でいる両親もいずれは介護を必要とする時が訪れ、やがては日常生活もままならない状態となってしまうことも想定できます。こうした将来を考えていく中で介護に関する知識を身につけていく人々は多く存在 ...

  • 要介護の限度額、どれくらいもらえる?

    介護状態の支給限度額はこのように決まる 2000年にスタートした介護保険制度は、介護が必要となった家族を社会全体で支えていく仕組みです。これは40歳以上のすべての国民が加入する社会保険で、2つに区分されています。1つは65歳以上の方が加入する第1号被保険者と、もう1つが40歳から64歳の方が加入する第2号被 ...

  • 父の相続問題|母が認知症の場合どうするの?

    相続人は状況によって変化しない 誰しも歳を重ねるごとに自分の将来や、両親の今後について考える機会があります。今は元気な姿でいる両親もいずれは介護を必要とする時が訪れ、やがては日常生活もままならない状態となってしまうことも想定できます。こうした将来を考えていく中で介護に関する知識を身につけていく人々は多く存在 ...

  • 介護の代償とは? 嫁による介護と相続問題

    一昔前ならば嫁が介護を一身に引き受けるというケースもめずらしくはなかったでしょう。しかし、じつは嫁には相続権がないことはご存知でしたか。たとえばそれまで積み上げてきたキャリアを捨てて熱心に介護に取り組んだとしても、なんの補償もないのです。「それが家族というものだ」で済ませてよい問題なのでしょうか。 ■仕事を ...

  • 高齢者をいたわる目的? 老人福祉法とはどんな法律か

    老人福祉法の内容と適用のされ方 昭和38年、老人福祉法が施行されました。この法律は高齢者の心身の健康や、安定した生活を送れるよう老人福祉を図る目的で作られています。ですが、老人福祉に大きな影響を与える法律はこれだけではありません。後期高齢者医療制度を生み出した、高齢者の医療の確保に関する法律と介護保険法がそ ...

  • 老後に必要なお金はズバリどれぐらい?

    老後の蓄え、どれぐらいありますか?介護問題が発生しても、子どもの負担にはなりたくないものですが、そのためにはいくらぐらいの貯金があれば良いのでしょうか。自立したシニアライフに必要な資金について考察してみました。 【3,000万円が最低ライン?】 人口数の圧倒的に多い団塊世代が老境にさしかかっていることもあり ...

  • 育児・介護休業法を活用して負担を軽減しよう

    平成22年6月から施行されている新しい育児・介護休業法ですが、必ずしもすべての人が十分に活用していないというのが実態です。専業主婦のいる家庭は高度成長期においては主流をなすものでしたが、今後は共働き家庭がさらに増えていくことが予想されます。そんな時代の流れの中でリニューアルされた育児・介護休業法とはどのよう ...

  • グループホーム入居の条件と特徴

    要支援2以上の介護認定が必要 高齢会の進展に伴い認知症を患っている高齢者が増加傾向にあります。認知症が酷くなってくると、食事や排泄を自らの力で行うことが困難になり、日常生活を営む上で介護が必要な状態になってしまいます。家族だけの介護では十分でないため、介護専門のスタッフによるケアが必要になってきます。 一般 ...

  • 相続対策で不動産会社を設立する

    相続税対策としては現金よりも不動産、不動産の中でも賃貸物件にすることが効果的というのはよくいわれる話です。しかし、賃貸物件にしても必ずしも十分な節税にできないことも多々あります。そこでおすすめしたいのが不動産会社の設立です。なぜ不動産会社を作ることが節税になるのか解説します。 ■節税対策としての賃貸物件の落 ...

  • 地域密着型介護老人福祉施設とは

    介護支援事業の取り組み 日本人口の高齢化に伴い介護を必要とする高齢者が増加し続ける中、介護支援を行う事業では高齢者やその家族のために日々新たな取り組みが進められています。中でも、全国の特別養護老人ホームでは介護を必要とする大勢の高齢者を受け入れ、利用者が快適な生活を送れるような介護サービスを提供しています。 ...

  • 介護ビジネスの企業にかかわる3つの法律

    超高齢化社会の到来を前に、介護ビジネスへの参入を考えている企業も少なくありません。大企業だけではなく、個人起業家にとっても大きなビジネスチャンスが到来していると考えて間違いありません。企業・独立の際におさえておきたい法律を3つ解説します。 【バリアフリー法】 高齢者のための施設を用意する時にはバリアフリー法 ...

  • 介護者のメンタルヘルスケアの重要性について

    介護保険制度も改正され、本格的な高齢化社会の到来の前に在宅介護を国の方針として推進していこうという流れが見受けられる昨今です。しかし、在宅介護というのはたとえ要介護度が低くても介護者を心身ともに疲弊させるものです。とくに注意したいのがメンタルヘルスケアです。介護者の心の負担を少しでも軽減するにはどうすればよ ...