介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします
介護と法律
  • 相続トラブルが増えています!法定相続人とその順位を学ぼう

    介護への貢献度と遺産相続の関係性 日頃親の介護を行っている人々にとって、遺産に関する問題は年々深刻化してきています。例えば、「最も介護に貢献したにも関わらず遺産がもらえなかった」や「全く介護に携わっていなかったのに多くの遺産をもらってしまった」など、その問題は様々です。 しかし、そもそも介護の貢献度は遺産や ...

  • 介護の代償とは? 嫁による介護と相続問題

    一昔前ならば嫁が介護を一身に引き受けるというケースもめずらしくはなかったでしょう。しかし、じつは嫁には相続権がないことはご存知でしたか。たとえばそれまで積み上げてきたキャリアを捨てて熱心に介護に取り組んだとしても、なんの補償もないのです。「それが家族というものだ」で済ませてよい問題なのでしょうか。 ■仕事を ...

  • 介護者のメンタルヘルスケアの重要性について

    介護保険制度も改正され、本格的な高齢化社会の到来の前に在宅介護を国の方針として推進していこうという流れが見受けられる昨今です。しかし、在宅介護というのはたとえ要介護度が低くても介護者を心身ともに疲弊させるものです。とくに注意したいのがメンタルヘルスケアです。介護者の心の負担を少しでも軽減するにはどうすればよ ...

  • 地域密着型介護老人福祉施設とは

    介護支援事業の取り組み 日本人口の高齢化に伴い介護を必要とする高齢者が増加し続ける中、介護支援を行う事業では高齢者やその家族のために日々新たな取り組みが進められています。中でも、全国の特別養護老人ホームでは介護を必要とする大勢の高齢者を受け入れ、利用者が快適な生活を送れるような介護サービスを提供しています。 ...

  • 高齢者をいたわる目的? 老人福祉法とはどんな法律か

    老人福祉法の内容と適用のされ方 昭和38年、老人福祉法が施行されました。この法律は高齢者の心身の健康や、安定した生活を送れるよう老人福祉を図る目的で作られています。ですが、老人福祉に大きな影響を与える法律はこれだけではありません。後期高齢者医療制度を生み出した、高齢者の医療の確保に関する法律と介護保険法がそ ...

  • わずかな遺産でもめることも。遺産争いはセレブだけではない

    遺産相続というとセレブの間だけの問題のように思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。じつは、ほんのわずかの遺産をめぐって骨肉の争いを展開している兄弟もけっしてめずらしくはありません。遺産相続に関するいさかいというのはけっして遠い世界の他人事ではないのです。 ■少ない財産でも争いは起きる 遺産相続にあ ...

  • 公的介護保険制度の仕組みと不服申し立ての対応

    本格的な高齢化社会の到来により、介護に対する不安を抱える人が増加しています。介護をしている人はその先行きに関して、これから介護の可能性がある人も何をどうしたら良いのかという漠然とした不安は少なくないようです。東京大学社会科学研究所の調査では、なかでも「公的介護保険制度の仕組みがわからない」という悩みが突出し ...

  • 無駄な争いは嫌ですよね・・・知っておきたい『遺言書』の知識

    介護をした人が報われるわけではない 高齢化の進む日本では、若い世代の人々が両親の介護を行う光景が当たり前となってきました。誰しも、必ずいつかは歳を重ねて介護を必要とする時が訪れます。最期を迎えるその時まで妻や夫、子どもたちに支えられながら生活を送っていきますが最期を迎えた時残された人々には相続に関する大きな ...

  • 父の相続問題|母が認知症の場合どうするの?

    相続人は状況によって変化しない 誰しも歳を重ねるごとに自分の将来や、両親の今後について考える機会があります。今は元気な姿でいる両親もいずれは介護を必要とする時が訪れ、やがては日常生活もままならない状態となってしまうことも想定できます。こうした将来を考えていく中で介護に関する知識を身につけていく人々は多く存在 ...

  • 要介護の限度額、どれくらいもらえる?

    介護状態の支給限度額はこのように決まる 2000年にスタートした介護保険制度は、介護が必要となった家族を社会全体で支えていく仕組みです。これは40歳以上のすべての国民が加入する社会保険で、2つに区分されています。1つは65歳以上の方が加入する第1号被保険者と、もう1つが40歳から64歳の方が加入する第2号被 ...

  • 介護保険料はなぜ使用前から支払う必要があるのか

    40歳になると親や自分が要介護になる可能性が高いから 日本人であるならば、40歳になると支払い義務が生じる介護保険料。これは、介護保険法という法律によって定められています。この法律は、お年寄りの介護に対する家族の負担、そして福祉施設使用料などを軽減するために、社会全体で助け合おうとする概念から生まれました。 ...

  • 介護度によって必要なお金はこんなに違う

    介護保険を利用するにしても、介護には何かとお金がかかります。もちろん、要介護度が異なれば、それに応じて必要な金額も変化します。介護度別のケアプランと、それを実施するのにかかる費用について考察してみました。 【要介護1のケース】 要介護1とは生活の一部に部分的に介護が必要なものの、ほぼ自立して何でも行えるよう ...

  • 介護報酬削減で介護離職者が増加

    安倍政権が介護報酬を削減した理由と経緯です 2015年4月に介護報酬が見直され、9年ぶりに報酬が引き下げられました。報酬は3年ごとに見直され、介護保険法の見直しと連動されています。先進国のなかでも先んじた法制度でしたが、3年ごとに見直す条件で制度化した経緯があります。 報酬は、介護保険に加入しサービスの利用 ...

  • 兄弟姉妹が遺産相続でもめないようにするには

    遺産相続は兄弟姉妹に思わぬ波紋を投げかけることが多々あります。それまで仲が良かったとお互いに思っていても、ほんの僅かの行き違いで取り返しのつかない亀裂が入ってしまうこともあります。円滑に相続問題を解決するためには正しい知識と心構えが必要です。 ■そもそも誰が遺産相続人になることができるのか そもそも法律で定 ...

  • 介護離職ゼロの実現?復職を促す介護福祉士人材バンク

    介護現場につきまとう離職の問題 介護現場は慢性的な人材不足に悩まされています。色々な対策が講じられていますが、介護現場の離職率は他の業界に比べて大変高いのが実際です。 辞めてしまう理由としては結婚や子育てといった理由で辞めるだけでなく、長時間労働や低賃金といった介護職ならではの理由で辞める人も多いのが現実で ...

  • 認認介護になる前に相続関係は整えておこう

    近年、問題視されている介護の状態の一つに「認認介護」と呼ばれるものがあります。この状態になると、さまざまなトラブルの温床となってしまいますから、事前の対策が重要。認認介護とトラブルに発展しがちな相続関係について紹介します。 ■認認介護とは 認認介護とは、認知症の相手を持ち介護をしている身内の方も認知症となっ ...

  • バリアフリー住宅へのリフォーム、支援が受けられます!

    介護保険で助成を受けることができます 介護が必要になった方がいるご家庭では、生活動線の確保のため家の間取りが狭く感じたり、介護を受けている方の自立を見据えた住宅の改良が必要になったりすることが多々あります。介護のための住宅リフォームは介護保険を申請することで助成を受けることができます。対象者は要介護認定で「 ...

  • 厚生労働省による施設における虐待防止指導

    あってはならないことですが、介護施設での虐待が事件になったこともありました。これを受けて厚生労働省は平成27年11月「養護老人施設従事者等によつ高齢者虐待の再発防止及び有料老人ホームに対する指導の徹底等について」という通知を各市町村に発しました。いったいどのようなものだったのでしょうか。 【通知の目的】 こ ...

  • 【介護士あるある】を調査しました

    「介護士あるある」のネット情報を調査しました ネット掲示版などでは、介護士のあるある話を専門に扱った掲示板も多いです。そこには介護の経験者でしか語れない情報が載っています。楽屋話を情報ネットで表に出す手法です。いわゆる楽屋オチ話で業界内部のネタで内輪同士で笑ったり、怒ったり、文句を言ったりです。「介護士ある ...

  • 相続税を減額するには不動産対策が決め手!

    相続税の税率がアップしたこともあり、相続税対策への関心が高まりつつあります。相続税を減額するには不動産がカギを握っていることはご存知でしたか?いつどのような不動産対策を講じるのが効果的なのか説明します。 ■預金よりも不動産を もし、財産のひとつに不動産があったとします。それが更地の土地ならば、相続に際しても ...