介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします
介護と法律
  • 相続トラブルが増えています!法定相続人とその順位を学ぼう

    介護への貢献度と遺産相続の関係性 日頃親の介護を行っている人々にとって、遺産に関する問題は年々深刻化してきています。例えば、「最も介護に貢献したにも関わらず遺産がもらえなかった」や「全く介護に携わっていなかったのに多くの遺産をもらってしまった」など、その問題は様々です。 しかし、そもそも介護の貢献度は遺産や ...

  • 介護の代償とは? 嫁による介護と相続問題

    一昔前ならば嫁が介護を一身に引き受けるというケースもめずらしくはなかったでしょう。しかし、じつは嫁には相続権がないことはご存知でしたか。たとえばそれまで積み上げてきたキャリアを捨てて熱心に介護に取り組んだとしても、なんの補償もないのです。「それが家族というものだ」で済ませてよい問題なのでしょうか。 ■仕事を ...

  • 介護者のメンタルヘルスケアの重要性について

    介護保険制度も改正され、本格的な高齢化社会の到来の前に在宅介護を国の方針として推進していこうという流れが見受けられる昨今です。しかし、在宅介護というのはたとえ要介護度が低くても介護者を心身ともに疲弊させるものです。とくに注意したいのがメンタルヘルスケアです。介護者の心の負担を少しでも軽減するにはどうすればよ ...

  • 地域密着型介護老人福祉施設とは

    介護支援事業の取り組み 日本人口の高齢化に伴い介護を必要とする高齢者が増加し続ける中、介護支援を行う事業では高齢者やその家族のために日々新たな取り組みが進められています。中でも、全国の特別養護老人ホームでは介護を必要とする大勢の高齢者を受け入れ、利用者が快適な生活を送れるような介護サービスを提供しています。 ...

  • 高齢者をいたわる目的? 老人福祉法とはどんな法律か

    老人福祉法の内容と適用のされ方 昭和38年、老人福祉法が施行されました。この法律は高齢者の心身の健康や、安定した生活を送れるよう老人福祉を図る目的で作られています。ですが、老人福祉に大きな影響を与える法律はこれだけではありません。後期高齢者医療制度を生み出した、高齢者の医療の確保に関する法律と介護保険法がそ ...

  • わずかな遺産でもめることも。遺産争いはセレブだけではない

    遺産相続というとセレブの間だけの問題のように思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。じつは、ほんのわずかの遺産をめぐって骨肉の争いを展開している兄弟もけっしてめずらしくはありません。遺産相続に関するいさかいというのはけっして遠い世界の他人事ではないのです。 ■少ない財産でも争いは起きる 遺産相続にあ ...

  • 公的介護保険制度の仕組みと不服申し立ての対応

    本格的な高齢化社会の到来により、介護に対する不安を抱える人が増加しています。介護をしている人はその先行きに関して、これから介護の可能性がある人も何をどうしたら良いのかという漠然とした不安は少なくないようです。東京大学社会科学研究所の調査では、なかでも「公的介護保険制度の仕組みがわからない」という悩みが突出し ...

  • 無駄な争いは嫌ですよね・・・知っておきたい『遺言書』の知識

    介護をした人が報われるわけではない 高齢化の進む日本では、若い世代の人々が両親の介護を行う光景が当たり前となってきました。誰しも、必ずいつかは歳を重ねて介護を必要とする時が訪れます。最期を迎えるその時まで妻や夫、子どもたちに支えられながら生活を送っていきますが最期を迎えた時残された人々には相続に関する大きな ...

  • 父の相続問題|母が認知症の場合どうするの?

    相続人は状況によって変化しない 誰しも歳を重ねるごとに自分の将来や、両親の今後について考える機会があります。今は元気な姿でいる両親もいずれは介護を必要とする時が訪れ、やがては日常生活もままならない状態となってしまうことも想定できます。こうした将来を考えていく中で介護に関する知識を身につけていく人々は多く存在 ...

  • 要介護の限度額、どれくらいもらえる?

    介護状態の支給限度額はこのように決まる 2000年にスタートした介護保険制度は、介護が必要となった家族を社会全体で支えていく仕組みです。これは40歳以上のすべての国民が加入する社会保険で、2つに区分されています。1つは65歳以上の方が加入する第1号被保険者と、もう1つが40歳から64歳の方が加入する第2号被 ...

  • 違いは後でわかります・・・年金の種類をおさらい

    現役世代は年金と介護保険料を負担する サラリーマンは、給料の総支給額から天引きされる項目がいくつかあります。主に税金や年金、保険料などです。具体的には厚生年金保険料と健康保険料が引かれているでしょう。さらに、40歳以上の人の場合には、介護保険にも加入するため、介護保険料も天引きされる仕組みになっています。 ...

  • 生前に資金援助を受けると相続分が減る?

    たとえば被相続人が生きている間に、その子どもたちの中でひとりだけ結婚資金を援助してもらった人がいるとします。その子は遺産相続で援助してもらった分だけが差し引かれることになるのでしょうか?生前の資金援助が相続に及ぼす影響に関して説明します。 ■生前の不平等な資金援助は相続トラブルの火種 遺産相続に際して、それ ...

  • 在宅復帰を目指す、老健の選び方

    意外と知らない介護施設の種類 高齢化が進み介護を必要とする人口が増加傾向にある日本では、要介護者それぞれに合った施設の提供ができるように考えられています。施設と聞くと、主に福祉施設や老人ホームなどが連想されますが、これらの施設には大きく分けて2つの分類があります。 介護施設の分類やそれぞれの特徴を把握してお ...

  • 介護保険法と相続税法の改正で何が変わった?

    2015年、介護保険法が改正されました。これによって、自己負担額が増えると予想される人が急増したと言われています。あなたの親は、また、あなた自身はどうなるのでしょうか?超高齢化社会の到来を前にして、誰しも避けられないこの問題について詳しく解説します。 ■親の預貯金を知ってますか? 親が75歳以上にもなれば後 ...

  • 賃貸住宅を作った場合の相続税削減効果は?

    介護が必要になってもおかしくないシニア世代は子どもたちへの相続問題を意識するものです。できれば早目に相続対策をしておくことが望ましいのですが、資産をしっかりと残しながらも相続税を軽減したいと考えるならば、賃貸用住宅を建てることをおすすめします。その理由を解説しましょう。 ■2016年1月からアップした相続税 ...

  • 「ホーム活」が必要? 高まる老人ホーム需要

    最近、ニュースなどで保育所に入るには「保活」をしなければいけない困難な状況がしばしば報じられています。じつは、介護施設の中でも特別養護老人ホームの人気は高く、なかなか入居できない状態が続いています。特別養護老人ホーム需要について解説します。 【入居待ちが当たり前?】 特別養護老人ホーム社会福祉法人や地方自治 ...

  • 相続トラブルが増えています!法定相続人とその順位を学ぼう

    介護への貢献度と遺産相続の関係性 日頃親の介護を行っている人々にとって、遺産に関する問題は年々深刻化してきています。例えば、「最も介護に貢献したにも関わらず遺産がもらえなかった」や「全く介護に携わっていなかったのに多くの遺産をもらってしまった」など、その問題は様々です。 しかし、そもそも介護の貢献度は遺産や ...

  • 遺産相続トラブルを回避するための具体的テクニック

    遺産相続をきっかけにそれまで仲の悪くなかった兄弟姉妹が絶縁に近い状態になってしまうこともあります。そこまで深刻化するケースはまれかもしれませんが、何らかのわだかまりが残ったという例は少なくありません。スムーズな遺産相続のためのヒントについて解説します。 ■いつでも開示できる帳簿をつける たとえば遺産が思った ...

  • 高齢者や認知症の人はどうする? マイナンバー制度の問題

    マイナンバーに絡んだ問題とは マイナンバー制度が導入されましたが、この制度には手続きを簡略化したり、「マイナポータル」でより自分にあった情報が受け取れるといったメリットがあります。介護現場でもこの個人番号を活用した施策が色々と検討されています。しかし、個人番号制度に絡んだ問題として「高齢者や認知症の場合には ...

  • 健康型有料老人ホームのメリットとデメリット

    老人ホームと一口にいってもさまざまなものがあります。たとえば、健康型有料老人ホームもそのひとつです。ただし、利用にあたっては制限もあるので注意しなければいけません。健康型有料老人ホームのメリット、デメリットを解説します。 ■健康型有料老人ホームとは 健康型有料老人ホームは、家事手伝い等のサポートを受けながら ...