介護の相談ステーションでは、介護の悩みから相続や税金の相談までお答えします
介護の豆知識
  • 相続トラブルが増えています!法定相続人とその順位を学ぼう

    介護への貢献度と遺産相続の関係性 日頃親の介護を行っている人々にとって、遺産に関する問題は年々深刻化してきています。例えば、「最も介護に貢献したにも関わらず遺産がもらえなかった」や「全く介護に携わっていなかったのに多くの遺産をもらってしまった」など、その問題は様々です。 しかし、そもそも介護の貢献度は遺産や ...

  • 介護の代償とは? 嫁による介護と相続問題

    一昔前ならば嫁が介護を一身に引き受けるというケースもめずらしくはなかったでしょう。しかし、じつは嫁には相続権がないことはご存知でしたか。たとえばそれまで積み上げてきたキャリアを捨てて熱心に介護に取り組んだとしても、なんの補償もないのです。「それが家族というものだ」で済ませてよい問題なのでしょうか。 ■仕事を ...

  • 介護者のメンタルヘルスケアの重要性について

    介護保険制度も改正され、本格的な高齢化社会の到来の前に在宅介護を国の方針として推進していこうという流れが見受けられる昨今です。しかし、在宅介護というのはたとえ要介護度が低くても介護者を心身ともに疲弊させるものです。とくに注意したいのがメンタルヘルスケアです。介護者の心の負担を少しでも軽減するにはどうすればよ ...

  • 介護予防のためのストレッチと筋力トレーニング

    ストレッチは筋肉や腱の柔軟性が低下するのを防ぎ、関節の可動域を広め、思わぬ怪我を予防します。加齢とともに何でもない場所で転倒して骨折してしまう人も増える傾向があります。骨折から寝たきりになり要介護になることさえあります。一方で人間は何歳になっても筋力をつけることも可能です。ストレッチや筋力トレーニングを毎日 ...

  • 老健と特養の違いって知ってますか?

    介護施設には種類がある 介護を必要とする高齢者人口が毎年増加傾向にある中、介護支援を行っている事業では日々新たな取り組みやサービスの改善を行っています。介護サービスと聞くと老人ホームや福祉施設などを連想できますが、これらのサービスにはっきりとしたジャンル分けがあることを知る人は、まだまだ少ないのが現状です。 ...

  • 地域密着型介護老人福祉施設とは

    介護支援事業の取り組み 日本人口の高齢化に伴い介護を必要とする高齢者が増加し続ける中、介護支援を行う事業では高齢者やその家族のために日々新たな取り組みが進められています。中でも、全国の特別養護老人ホームでは介護を必要とする大勢の高齢者を受け入れ、利用者が快適な生活を送れるような介護サービスを提供しています。 ...

  • 気づきにくい! 話し上手な認知症患者の存在

    アルツハイマー型認知症は話し上手であることが多い 認知症と一口に言っても、2種類の認知症を持っていたりと、人によって症状が異なります。認知症だと気づかない場合もあります。そのために小さいサインは見逃せません。認知症は早期の治療がとても重要だからです。 中でもアルツハイマー型認知症の方は話が上手であることが多 ...

  • 高齢者をいたわる目的? 老人福祉法とはどんな法律か

    老人福祉法の内容と適用のされ方 昭和38年、老人福祉法が施行されました。この法律は高齢者の心身の健康や、安定した生活を送れるよう老人福祉を図る目的で作られています。ですが、老人福祉に大きな影響を与える法律はこれだけではありません。後期高齢者医療制度を生み出した、高齢者の医療の確保に関する法律と介護保険法がそ ...

  • 増えてる?食事を拒否する高齢者の対処法

    高齢者の食事拒否を解消するには 自宅で親の介護を行っている人や仕事でヘルパーを任されている人など、日本では全国に多くの介護従事者が存在します。歳を重ね介護を必要とする高齢者にとって、介護従事者や福祉サービスを提供してくれる場はなくてはならない存在です。若いころはどんなに健康で元気な姿をしていた親も、歳を重ね ...

  • わずかな遺産でもめることも。遺産争いはセレブだけではない

    遺産相続というとセレブの間だけの問題のように思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。じつは、ほんのわずかの遺産をめぐって骨肉の争いを展開している兄弟もけっしてめずらしくはありません。遺産相続に関するいさかいというのはけっして遠い世界の他人事ではないのです。 ■少ない財産でも争いは起きる 遺産相続にあ ...

  • 『介護難民』って知っていますか?

    介護難民とその現状について知ろう 介護難民とは、介護を必要としながら介護を受けられない人々を指します。これは、日常生活において身の回りの手助けを必要としながら誰にも助けてもらえない状態であり、決して軽く受け止めてはならない問題です。 人間は、必ず誰しも年をとり高齢になるにつれて体が衰えていきます。若い頃に当 ...

  • 公的介護保険制度の仕組みと不服申し立ての対応

    本格的な高齢化社会の到来により、介護に対する不安を抱える人が増加しています。介護をしている人はその先行きに関して、これから介護の可能性がある人も何をどうしたら良いのかという漠然とした不安は少なくないようです。東京大学社会科学研究所の調査では、なかでも「公的介護保険制度の仕組みがわからない」という悩みが突出し ...

  • 介護スタッフのさまざまな悩みについて

    介護に関する悩みは尽きません。介護されるお年寄り、ささえる家族はもちろんですが、介護施設スタッフの悩みもじつに深いものがあります。介護施設スタッフがどんな悩みを抱えているのか、その実例をいくつか紹介したいと思います。 【毛嫌いされる】 介護スタッフの中には年配の男性も少なくありません。身体の自由がきかないお ...

  • 寝たきりと筋力低下は悪循環する

    良かれと思った体力の温存は逆効果 昨日まで健康だった親が突然寝たきりになってしまったら、果たしてどうなってしまうのでしょうか。人間は誰しも必ず歳を取り、体力は低下していきます。体内の器官や筋肉、骨も歳を重ねていくことで徐々に脆く弱くなっていきます。そして、高齢になるにつれて注意力や血液の循環機能も衰え、骨折 ...

  • わずかな遺産でもめることも。遺産争いはセレブだけではない

    遺産相続というとセレブの間だけの問題のように思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。じつは、ほんのわずかの遺産をめぐって骨肉の争いを展開している兄弟もけっしてめずらしくはありません。遺産相続に関するいさかいというのはけっして遠い世界の他人事ではないのです。 ■少ない財産でも争いは起きる 遺産相続にあ ...

  • 厚生労働省による施設における虐待防止指導

    あってはならないことですが、介護施設での虐待が事件になったこともありました。これを受けて厚生労働省は平成27年11月「養護老人施設従事者等によつ高齢者虐待の再発防止及び有料老人ホームに対する指導の徹底等について」という通知を各市町村に発しました。いったいどのようなものだったのでしょうか。 【通知の目的】 こ ...

  • 「老々介護」だけじゃない! 増えつつある【認認介護】

    介護を受ける人と行う人の関係 人は誰でも加齢と共に心身の健康が失われていくという状態になると言えます。そして単なる物忘れとして片付けることができないような認知症の症状を呈している人の数が年々増えてきています。そんな状態になった時には日常生活を行う中に介護の手が必要になります。 以前から家族内に介護が必要な人 ...

  • 要介護の限度額、どれくらいもらえる?

    介護状態の支給限度額はこのように決まる 2000年にスタートした介護保険制度は、介護が必要となった家族を社会全体で支えていく仕組みです。これは40歳以上のすべての国民が加入する社会保険で、2つに区分されています。1つは65歳以上の方が加入する第1号被保険者と、もう1つが40歳から64歳の方が加入する第2号被 ...

  • 先祖代々の土地、売却したくないけど相続するときの対策はある?

    日本の歴史をひも解くと、古くから日本人は土地に対するこだわりが強い民族でした。これは、戦国時代や江戸時代に大名や藩主から土地を与えられた武士が、その地を一生懸命発展させてきたという事実を見ても明らかです。現代でも先祖代々与えられてきた土地を守るために、相続対策を検討する人は少なくありません。ここでは、相続時 ...

  • おさえておきたい「介護に関する確定申告」まとめ

    介護に必要なお金について 現在、高齢化社会や就職難が続く日本ではしばしば若者や働きざかりの世代が介護に苦労している声をよく耳にします。こうした人々が抱える問題には親の身の回りの世話はもちろん、それに伴い必要となるお金の問題が挙げられます。 誰しも歳を重ねるごとに体力は衰え、自分の両親でさえ例外ではありません ...